Nichibei×HOTERES
現実を遮り遊び心で世界観を演出する
W 大阪

エネルギッシュな大阪の街を表現したホテル

心斎橋にあるホテル「W 大阪」。地元、大阪出身の世界的建築家・安藤忠雄氏が建物のデザイン監修を務めた。華美な装飾を極力抑えたスタイリッシュな黒い外観は、研ぎ澄まされた結晶体をイメージ。インテリアは鮮やかな色彩と照明を散りばめて、エネルギッシュな大阪の街を表現している。賑やかで個性あふれるデザインは、ゲストの心を惹きつけて止まない。

“大人の遊び場”のようなラウンジ

エレベーターのドアがW階・ロビーフロアで開いた瞬間に、「大人の遊び場」に放り込まれる。目の前にはバーカウンター、常識を覆す華やかで活気のある雰囲気のロビーは大阪の街の賑わいまでも彷彿とさせる。
開放感のある大きい窓にはロールスクリーンがしつらえてある。バックルームにある壁面スイッチをワンタッチすれば、14台の電動ロールスクリーンがプリセットされた位置に一斉に降下。オープンエアのテラス席との一体感を損なうことなく、ゲストはホテルの世界観に没入できる。

ゲストの遊び心をくすぐる客室

大阪の街を高層階から望む「WOW スイート」のドアを開けると、電動プリーツスクリーンとカーテンが自動で開く。床から天井までの大きな窓が現れ、外に広がる大阪の街に快く迎えられたような気分になる。
大阪の街にインスパイアされた客室は鮮やかな色彩や照明、遊び心がある小物で彩られている。

滞在中は窓辺のバーエリア「Mix Bar(ミックスバー)」に用意されたカクテルシェイカーを使って、自分好みのカクテルを作るのもこのホテルならでは。ネオン装飾が施された室内で、スクリーンから透ける大阪の街のネオンを感じながら作って味わう1杯は、思い出深いものとなるだろう。

ベッドルームの遮光のカーテンを閉めて、煌びやかな街の光をシャットダウンして眠りにつく。明朝、ベッドサイドのスイッチでカーテンを開けて、活気溢れる大阪の風景にまた出会えるのを愉しみに。

今までにないウエディング

イベントルーム「Stage」では結婚式も行える。切妻天井には電動ロールスクリーンが設置してあり、セレモニーの演出に一役買っている。ベールのようなシースルーの生地にLEDライトを照らすと、空間が一気に華やぐ。ロールスクリーンとLEDのライトの色は、セレモニーのプランに応じ自在に調節可能だ。
革新的で自由なデザインのチャペルは、まるでふたりの輝かしい未来を象徴しているかのよう。笑顔で溢れるウエディングシーンが目に浮かぶ。

※この記事は、「週刊ホテルレストラン」第56巻17-18合併号に掲載された原稿を再構成したものです。

その他の事例