プライバシー対策

外からの視線、どのくらい気になりますか?
ブラインドごとのプライバシー対策をご紹介します。

  • よこ型ブラインド
  • たて型ブラインド
  • プリーツスクリーン
  • ロールスクリーン

スラットを窓側に傾けると…

イメージ_上からの視線をブロック

上からの視線をブロック

上からの視線が気になる場合は、スラットを窓に対して下向きに傾けます。上からはスラットしか見えず、部屋の中の様子はほとんどわからなくなります。近くに高層マンションがある低層階のお部屋や、住宅街の一軒家の1階におすすめです。

スラットを部屋側に傾けると…

イメージ_下からの視線をブロック

下からの視線をブロック

下からの視線が気になる場合は、スラットを部屋に対して下向きに傾けます。下からはスラットしか見えなくなり、部屋の中の様子はほとんどわからなくなります。マンションの高層階のお部屋や、住宅街の一軒家の2階におすすめです。

採光しながら、外からの視線をカットする

ルーバーの向きを調節して、適度な光を取り入れ、外からの視線を遮ることができます。

正面からのイメージ_採光しながら、外からの視線をカットする正面からのイメージ

上からのイメージ_採光しながら、外からの視線をカットする上からのイメージ

外の景色を見ながら、直射日光を柔らかな光に変える

ルーバーの角度を窓面に対し垂直にすることにより、直射日光を柔らかな光に変え、室内から外の景色を眺めることができます。

正面からのイメージ_外の景色を見ながら、直射日光を柔らかな光に変える正面からのイメージ

上からのイメージ_外の景色を見ながら、直射日光を柔らかな光に変える上からのイメージ

陽射しを遮り、外からの視線も同時にカット

ルーバーを閉じることで、陽射しと外からの視線を遮ることができます。

正面からのイメージ_陽射しを遮り、外からの視線も同時にカット正面からのイメージ

上からのイメージ_陽射しを遮り、外からの視線も同時にカット上からのイメージ

上部にシースルー生地、下部に不透明生地

イメージ_上部にシースルー生地、下部に不透明生地

採光しながら外の視線をカット。陽射しをやわらげ、畳やけも防ぎます。

上部に不透明生地、下部にシースルー生地

イメージ_上部に不透明生地、下部にシースルー生地

ビルやマンションなど、高い所からの視線を遮りながら、採光もできます。

ロールスクリーンをお部屋に取付ける場合、光の通し方が異なる4パターンの生地(遮光、シークレット、ミディアム、シースルー)から選ぶことができます。
完全に遮蔽したい場合は、遮光生地をおすすめします。

シースルーなら、素材越しのぼやけた印象に

外からはぼんやりとした内側の様子が確認できる程度。昼間であれば、外との光の差もあるため、部屋内部は見えにくいですが、夜は部屋の中の様子が見えやすくなります。

イメージ1_シースルーなら…

イメージ2_シースルーなら…

ミディアムなら、遠くからだとわかりにくい

昼間にスクリーンを下ろしていると、かなり窓に近づかない限り、内側の様子はわかりにくくなります。夜には外から人影が動く様子がぼんやりとわかります。

イメージ1_ミディアムなら…

イメージ2_ミディアムなら…

シークレットなら、昼間はほとんど視線をブロック

外から中の様子はほとんどわかりません。特に昼間は内部の様子が外に見えることはほとんどなくなります。夜になっても、窓に近づいた時にシルエットが感じられる程度です。

イメージ1_シークレットなら…

イメージ2_シークレットなら…

ご注意

生地の色が濃い程、部屋の中の様子がわかる場合があります。また、シークレット生地は、使用環境や生地の色により、透け感が異なりますのでご注意ください。生地サンプルを確認することをおすすめします。完全に遮蔽したい場合は、遮光生地をおすすめします。

イメージ1_シークレットなら…N6512(シークレット)

イメージ2_シークレットなら…N6512(シークレット)

遮光なら、昼も夜もシャットアウト

外からの視線はもちろん、光さえもシャットアウトするので、プライバシーを万全に守ることができます。夜であっても、スクリーンから光が漏れることはありません。

イメージ1_遮光なら…

イメージ2_遮光なら…