ホーム>海外で大注目のインテリア"Japandi(ジャパンディ)"とは?

みんな大好き♪ 和と北欧のミックス海外で大注目のインテリア "Japandi(ジャパンディ)" とは?

みなさん、“Japandi(ジャパンディ)”はご存知ですか?ジャパンディとは、Japanese(日本の)とScandinavian(北欧の)をミックスしたインテリアスタイルのことで、現在海外で人気があります。国内でもインテリア好きが「次に流行るかもと……」チェックしているのだとか。
人気の北欧と和の組み合わせなんて想像しただけでもステキですね。今回は大注目の“Japandi(ジャパンディ)”についてご紹介します。

まずは日本(和)と北欧インテリアを
おさらい

まずは日本(和)と北欧インテリアについてまとめてみました。それぞれの特長をしっかり理解しておくと、ジャパンディがとても分かりやすくなります。

日本のインテリア(伝統的な和室)は、“ミニマルさ”が特長です。時代劇を思い浮かべてみるとイメージしやすいでしょう。家具は最小限しか持たず、布団や座卓などは使用する時しか出さないため、とてもスッキリとしています。
ですが、質素な印象はありません。壁には旬の花や工芸品を飾り、季節やアートを楽しめるように。また、開口部を広く設けることで、庭もインテリアの一部として取り入れています。

畳や障子、柱などあらゆるところに天然素材が使われているのも日本ならでは。い草や竹、木などを丁寧に加工して、均整の取れた空間を作り上げています。
さらに、欄間や障子の精巧な細工、素材を生かした天井や壁の仕上げなど、繊細な日本美がいたるところに配されています。

  • 伝統的な和室
  • 北欧インテリア

一方、北欧のインテリアの特長はずばり “居心地の良さ”です。北欧圏の冬はとても長く、日照時間も短いので、家にいる時間が長くなります。だからこそ、快適に過ごせることが何よりも大切なのです。

例えば、北欧の家具。ソファや椅子は背もたれの角度や座面の硬さ、肘掛の幅や角度など徹底的に機能性を追求されたデザインになっています。
飽きのこないシンプルなフォルム、上質な天然素材(木材、ウール、リネンなど)を使っているのも大事なポイント。「良いものを長く使い続ける」という北欧の方々の意識が伝わりますね。
また、限られたスペースを有効に使うために、伸長式のテーブルやデイベッドにもなるソファといった実用性の高い家具もたくさんあります。

しかし、シンプルなだけではないのが北欧インテリアの魅力。ソフトなカラーの壁をはじめ、幾何学模様や愛らしい動植物がモチーフのファブリックなど、明るい気持ちになるアイテムが使われています。

ジャパンディってどんなインテリアなの?

先ほど、日本と北欧インテリアの特長をご紹介しましたが、「似ているな」と感じた方もいらっしゃるのでは?シンプル、ミニマル、天然素材、アクセント……。その共通点こそが、ジャパンディの特長です。

ジャパンディを一言で表すなら、“スッキリしているけれど、温かみがあるインテリア”です。物は少なめでシンプル、ぬくもりを感じる家具やファブリックを合わせます。1日中過ごしていても快適で、居心地がいい空間に仕上がるので、海外ではおうち時間が長い今に適したスタイルだと言われています。

ポイントさえ押さえれば、かんたんに実現できるインテリアです。しかも、洋室、和室問わずどんな空間にも合うので、日本の住宅にピッタリですよ。

ジャパンディのポイント

  • 1. シンプル
  • 2. 天然素材を使う
  • 3. ミニマル
  • 4. アクセントになるアイテムを取り入れる

ニチベイで作る!ジャパンディスタイル

いざ、インテリアを変えようとすると、何から手をつけたら良いか悩みますよね。そんな時は、まず窓まわりを替えるのが◎。
ブラインドやスクリーンはジャパンディの特長が全て当てはまる優秀アイテムです。1つ設置するだけで、雰囲気がガラッと変わりますよ。
ここからは、ジャパンディにオススメのニチベイ商品をご紹介します。

1ロールスクリーン

ロールスクリーンは窓まわり商品の中で1番シンプルですが、リネンやコットン調、すだれ調など、さまざまな質感の生地がラインアップされています。生地は天然素材ではありませんが、本物かと見間違うほどクオリティが高く、ジャパンディに最適です。
また、消臭・抗菌などのお手入れ系の性能やUVカットや遮熱など機能が付加された生地もあるので、くらしの質もアップします。

オススメの生地

  • シュクル遮熱:麻糸を紡いだ時に出る節をイメージして加工している
  • カナメ:和紙が織り込まれているため、光が当たると濃淡が浮き上がる
  • トキワ:太いヨコ糸に杢調の色差を出したニュアンスのある意匠

2プリーツスクリーン

プリーツスクリーンとは、生地がジャバラ状になっているスクリーンのことです。障子を思わせる和紙調の生地が人気で、和室や和モダン空間によく選ばれています。
天然素材が少ない空間には和紙調を、多い空間には布調を合わせるといいでしょう。和に偏り過ぎないようにバランスをとるのがジャパンディにするコツです。

オススメの生地

  • きさら:障子のように光をやわらかく透過する和紙調の生地
  • コビシ:畳縁のような繊細な地紋が織り込まれている
  • リノン:天然繊維のようなランダムな糸を使用しているので自然な風合いが感じられる

3ウッドブラインド/バンブーブラインド

ウッドブラインドやバンブーブラインドは天然木や竹を使用していますが、直線的なのでスタイリッシュな空間に仕上がります。素材そのものの色をチョイスすることで、ジャパンディらしさが出ますよ。
バンブーはウッドよりも素材感が分かりやすい素材。温かみをプラスしたい空間にイチオシです。

オススメのスラット

  • オーク:木目がしっかり出ているので、温かみが感じられつつ高級感も演出できる
  • ナチュラルバンブー:竹の風合いが感じられるナチュラルな色。少し和寄りな印象
まとめ

心地の良さを重視したジャパンディは、おうち時間が長い今にピッタリなインテリアスタイルです。ポイントさえ押さえれば、どんなお宅でもジャパンディに変えることができますよ。ぜひ、お試しください

written by なるほどブラインド編集部

2021.9.21 公開


facebook icon Instagram icon