ホーム>最近よく見かける「調光ロールスクリーン」ってナニモノ!?

最近よく見かける
「調光ロールスクリーン」って
ナニモノ!?

テレビやSNSなどで、ちょっと変わったロールスクリーンを見たことありませんか?ボーダー状のものだったり、布でできたブラインドのようなものだったり……。それらは「調光ロールスクリーン」という新しいロールスクリーンなんです!
今回は見かけたことはあるけれど、あまりよく知られていない「調光ロールスクリーン」についてご紹介します。

調光ロールスクリーンとは?

調光ロールスクリーンとは、室内に取り込む光の量を細やかに調節できるスクリーンのことです。透け感が異なる生地を組み合わせて作られており、それらを動かして調光します。
調光ロールスクリーンは2種類あります。1つはブラインドのように生地が立体的になっているタイプ。もう1つは、シースルー生地と不透明生地をボーダー状に組み合わせたタイプです。全く別のものですが、どちらもかんたんに調光できます。インテリアや場所に合わせて選ぶといいでしょう。

調光ロールスクリーンのここがスゴい!

「調光ロールスクリーンって何がいいの?」と疑問に思われている方も多いはず。ここからは、ブラインドメーカーニチベイで人気の調光ロールスクリーン「ハナリ」と「レユール」の魅力に迫ります。現在、家の窓辺に物足りなさを感じている方は必見です!

「ハナリ」のここがスゴい!1
ブラインドとロールスクリーンのいいとこどり

ハナリは2枚のシースルー生地の間にブラインドのはね(スラット)の役割をする生地がある、立体構造の調光ロールスクリーンです。ブラインドのようにスラット生地が回転するので、光や眺望をコントロールできます。

また、スラット生地を垂直にすればロールスクリーンに大変身。透けにくい生地のため、外からの視線をしっかり遮ります。
全開にする時はロールスクリーンと同じように巻き上がるので、窓辺はスッキリ。まさに、ブラインドとロールスクリーンのいいとこどりです。

(左)スラット生地の角度調整でブラインドのように。
(右)全閉時はロールスクリーンに変身。

「ハナリ」のここがスゴい!2
レースカーテンのような柔らかな光

ブラインドの場合、スラットの間が抜けているため日差しがダイレクトに入ってきます。それに対し、ハナリは2層の繊細なシースルー生地があるので、レースカーテンのように柔らかな光を室内に取り込めるんです。
さらに、透け感の良いレース生地を使用しているため、眺望を損なうことはありません。日差しが強い場所、または景色を楽しみたいところにオススメです。

「レユール」のここがスゴい!1
プライバシーを守りながらしっかり採光

シースルー生地と不透明生地が交互に組み合わされているレユール。生地がウエイトバーで折り返しているため、横から見ると生地が2枚あるように見えます。
前後のシースルー生地と不透明生地の重なり具合を変えることで調光する仕組み。シースルー部分を合わせると光を取り入れ、反対にシースルー部分に不透明生地が合わさるようにすると光を遮れます。
不透明部分があるので、レースカーテンのようなスッキリとした抜け感はありません。しかし、採光しつつ外からの視線をシャットアウトできます。人通りの多いところに面した窓に最適です。

(左)全開時もほどよく外からの視線が遮れる。
(右)全閉時は普通のロールスクリーンと同じ。

「レユール」のここがスゴい!2
個性的だけれど合わせやすいデザイン

レユールの特徴はボーダー柄です。普通のロールスクリーンにもボーダーのデザインはありますが、どれも細かいものばかり。こんなにも大胆な柄は他にありません。
「コーディネートが難しそう」と感じるかもしれませんが、実はナチュラルや北欧、モダンな空間にとてもよく合うんです。さらに、表情の異なる生地が3タイプあるので、インテリアに合わせて選ぶことでなじみが良くなります。
光に当たり影が家具や床に映り込む様はとても美しく、思わず写真を撮ってしまいたくなるほど。自宅のインテリアがワンランクアップすること間違いなしです。
ちなみに、このタイプの調光ロールスクリーンは韓国ドラマによく使われているんですよ。ぜひ、ストーリーだけでなく、後ろの窓もチェックしてみてください♪

まとめ

調光ロールスクリーンは光を細やかに調節できるので、リビングダイニングはもちろん、こども部屋や書斎などにもオススメです。
デザインと使い勝手の良さから、インテリア好きの間で少しずつ人気が出ているのだとか。この機会に、この新しいロールスクリーンを取り入れてみてはいかがでしょうか?きっと、くらしがより快適に、そして豊かになりますよ。

written by なるほどブラインド編集部

facebook icon Instagram icon