ホーム>みんなの憧れ“ウッドブラインド”のメリット、デメリット全てお伝えしちゃいます!

みんなの憧れ“ウッドブラインド”のメリット、デメリット
全てお伝えしちゃいます!

ウッドブラインドは “いつかはつけてみたい憧れのブラインド”。ですが、「安い買い物ではないし、実際につけるのは勇気がいる」と思っている方もいらっしゃるはず。みなさんが後悔しないように、ウッドブラインドのメリット・デメリットを全てお伝えします!

ウッドブラインドのここがおすすめ!

世代、性別問わず大人気のウッドブラインド。その魅力は一体どこにあるのでしょうか?まずはおすすめポイントを3つご紹介します。

おすすめポイント1とにかく見た目が良い!

  • ウッドブラインドの最大の魅力は何と言っても見た目の良さです。窓につけるだけでインテリアがワンランクアップします。また、どんな空間にも合うのがこのブラインドの良いところ。室内には床や窓枠、家具などに木が多く使われているため、とてもよくなじみます。さらにモダンやナチュラル、北欧、和などいろいろなテイストにも合わせられますよ。
    最近ではスラット(ブラインドのはね)にコード穴がないタイプや、アンティーク調に加工されたスラットなどが登場。インテリアをさらに楽しめるようになっています。

おすすめポイント2お手入れがラク

  • ウッドブラインドはアルミブラインドに比べ、スラット間が広く、コード本数も少ないため、お手入れがかんたんです。気がついた時にモップでサッと払うだけでOK。洗えないブラインドだからこそ、お手入れがとてもラクなんです!ちなみに白など明るい色はホコリが目立ちにくいので、ちょっとした安心感がありますよ。

おすすめポイント3調光がかんたん

ウッドブラインドはスラットの角度を変えるだけで、かんたんに調光できます。無段階に角度調整可能で、調光が自由自在。穏やかな風の日は窓を開けておくと、外からの視線を遮りつつ調光と換気が同時におこなえて便利です。

気になるウッドブラインドのデメリットとは?

良いところをご紹介していきましたが、実際購入するとなるとデメリットも気になりますよね。ウッドブラインドでよく耳にする気になる点と言えば、「操作が重い」「つけると暗い」「価格が高い」。その3つのポイントについてみていきましょう。

気になるポイント1操作が重そう

  • 大きい掃き出し窓に検討している方は1番気になるところですよね。ウッドブラインドは天然木が使われているため、カーテンや他の素材のブラインドと比べると、どうしても重さを感じてしまいます。「じゃあ、やめようかな」と思った方、ちょっと待って!重さを軽減する方法があるんです。

1スラットの素材を変えてみる

桐材スラットは通常のバスウッドよりも軽く、操作の時に感じる重さを軽減できます。さらに、価格もリーズナブル。大きい窓や出入りをする窓にウッドブラインドを検討している方はぜひ桐材も候補に入れてみてはいかがでしょうか?


2操作方法を変えてみる

ループコード式や自動下降式には、ヘッドボックスの中に昇降をアシストする部品が入っており、重さを軽減します。さらに自動下降式なら操作コードをちょっと引くだけで、自動的にブラインドが降りてくるんです!
それでも重く感じてしまう方は電動式が最適。リモコン操作のため、座りながら開閉や調光ができますよ。

気になるポイント2部屋が暗くなりそう

レースのカーテンやロールスクリーンを使っていた方は、「暗くなった」と感じてしまうことが多いようです。今まで広い面で光を取り込めていたのに対し、ブラインドはスラットがあるため、抜け感が少なく感じてしまうのが原因。ですが、スラットの厚みはたった2~3mm程度。角度を水平にしておくことで、今までとほぼ同量の光を取り込めます。

また、ウッドブラインドは重厚感があるので、選ぶ色によってさらに重暗く感じてしまうことも。窓の大きさや数、選ぶ色によっても見え方が大きく変わってきます。大きい窓や窓が多い場合は、明るめの色を選ぶのが○。暗めの色が良い方は、床に明るい色のラグなどを敷くと部屋が明るく見えますよ。

“たたみ代”にも要注意。たたみ代とは、全て上げた時に上部に溜まるスラットの厚みのことをいい、窓が大きいほど、たたみ代も大きくなり開口部を狭めてしまいます。
対策としては、たたみ代を窓枠の上に逃がすよう設置すること。窓にブラインドがかからずスッキリしますよ。あとはバンブースラットを選ぶのもアリ。バスウッドよりもスラットの厚みが薄く、たたみ代がコンパクトです。大きい窓ほど効果が実感できます。

  • “たたみ代”は重なるスラットの厚みのこと
  • 窓枠より上につけると窓がスッキリ

気になるポイント3価格が高い

  • アルミブラインドやロールスクリーンと比べると、ウッドブラインドは決して安くはありません。高価な理由は、ずばり天然のバスウッドが使われているから。木のフシが入っていない部分のみ使用したり、1台のブラインドにした時にスラットの色が均一に見えるように、1枚ずつ選んで製作したり…。あまり知られていませんが、無垢材の家具のように、1台1台ていねいに作られているんです!
    工業製品ではありますが、1つとして同じものはありません。また経年により床や柱、家具と一緒にスラットの色が変化していくため、使えば使うほど“その家らしいブラインド”になりますよ。
まとめ

ウッドブラインドは見た目が良いだけではなく、暮らしに寄り添ってくれるブラインドです。まずは1つの窓にウッドブラインドをつけてみて、魅力を体感してみてはいかがでしょうか?

written by なるほどブラインド編集部


facebook icon Instagram icon