ホーム>夏の暑さはブラインド・スクリーンで解決!

夏の暑さはブラインド・スクリーンで解決!

だんだんと暑くなり、そろそろ冷房を入れようかなと思った方も多いはず。今年の夏は家にいる時間が長くなりそうなので、電気代も気になりますよね。そんな時におすすめなのは遮熱性能のあるブラインドやスクリーンをつけること。夏の暑さ対策におすすめのブラインドやスクリーンを紹介します。

なぜ部屋が暑くなってしまうのか

夏の強い暑さは屋根、換気口、床下、窓など家のいろいろな場所から入ってきます。中でも、窓からは73%も入ってしまうのです。夏の暑い日に窓ガラスを触ると熱いですよね。窓辺に何もつけていないと、室内の温度がどんどん上がってしまい、冷房も効きづらく、電気代も上がってしまいます。よって、夏の暑さ対策はまず窓辺の環境を整えることが一番重要です。

夏の暑さ対策おすすめブラインドのご紹介

日差しや熱が入らないように、昼間でも雨戸や遮光カーテンを閉め切っているお宅をたまに見かけますよね。確かにそれでも日差しや熱は遮ることができますが、部屋の中がいつも暗くなってしまい、気持ちまで暗くなりそうです。最近では部屋の明るさを保ちつつも、昼間の強い日差しや熱をカットする遮熱生地のロールスクリーンや遮熱ブラインドがとても充実。おすすめのブラインドやスクリーンをご紹介します。

type-01ロールスクリーン

ここ数年、猛暑日が増えたこともあり、夏になると遮熱レースカーテンのCMなどよく見かけるようになりましたね。実はカーテンだけでなく、ロールスクリーンにも遮熱レース生地が豊富にあります。今まで遮熱レース生地は、遮熱性能を上げるため、あまり透け感がないプレーンな生地ばかりでした。しかし最近では技術が進み、外の様子が見えるくらい透け感のある遮熱生地や麻調のもの、織りにこだわったデザイン性の高い遮熱生地などが出ており、インテリアや場所に合わせて選べるようになりました。
そもそも、どうして薄いレースなのに遮熱ができるのかというと、特殊な金属酸化物が含まれた繊維を練り込んだ糸などを使用し、太陽の熱を反射させることで、夏の暑い日差しを遮ることができるのです。また、ガラス繊維で織られた生地に遮熱性能の高いフィルムをコーティングしたものなど、各社さまざまな技術を用いて生地を開発しています。

  • 中でもガラス繊維で織られた生地の裏面にアルミ蒸着加工がされているものが、省エネ効果が非常に高くおすすめです。
  • 裏面にアルミ蒸着している生地

type-02ハニカムスクリーン

冬の断熱に効果があるハニカムスクリーン。SNSでもよく見かけるようになってきたので、インテリア好きなら知っている方も多いはず。でも、夏の暑さ対策にもなることを知らない方も多いのではないでしょうか。

  • ハニカムスクリーンの断面
  • ハニカムスクリーンは横から見ると、蜂の巣のような形が縦に連なっている立体生地です。蜂の巣状の空気層が断熱材の役割をしているので、外の暑い空気を中に入れるのを防ぎ、また室内の涼しい空気が外に逃げるのも防ぐことで、室内を快適な温度で保つことができます。夏でも冬でも1年中部屋の温度を快適に保てる万能スクリーンです。
  • ハニカムスクリーンは横から見ると、蜂の巣のような形が縦に連なっている立体生地です。蜂の巣状の空気層が断熱材の役割をしているので、外の暑い空気を中に入れるのを防ぎ、また室内の涼しい空気が外に逃げるのも防ぐことで、室内を快適な温度で保つことができます。夏でも冬でも1年中部屋の温度を快適に保てる万能スクリーンです。
  • ハニカムスクリーンの断面

type-03アルミブラインド

  • アルミブラインドは暑そうなイメージがある方もいらっしゃいますよね。実は遮熱スラットといってブラインドの羽根に特殊な遮熱塗料が塗布されているものがあります。日差しを反射する性能が優れており、省エネ効果が非常に高いのです。さらに高い省エネ効果を求めている方には「内窓タイプ」がおすすめ。「内窓タイプ」とは、外窓と内窓の間に取りつけるものです。
    外窓と内窓の間の空気層にさらに遮熱ブラインドの日差しをカットする性能が加わることで、より高い省エネ効果が期待できます。
  • 外窓と内窓の間に遮熱ブラインドを取りつける「内窓タイプ」

type-04外付けロールスクリーン

夏の暑さ対策として、よしずやすだれをつける方は多いですよね。でも、家の外観の雰囲気とちょっと違うからつけたくないと思っている方もいらっしゃるのでは?そんな時のおすすめは外付けロールスクリーン。家の外で日差しを遮り日陰を作り出すことで、心地よいそよ風のような涼しさが感じられます。生地は透け感があるので、お部屋の中の明るさも保ちながら、外の景色も楽しめるのも良いですね。でも、取付け方が難しそうと思っている方も多いのでは?実は壁に穴開け不要でサッシ枠に取り付けられるものもあり、意外と取り付けも簡単で30分くらいでつけられます。また、自治体によっては設置するのに補助金が出るところもあるそう。購入前にお住まいの自治体に聞いてみて下さいね。

まとめ

いかがでしたか?どの商品も色が淡い方が、日差しを多く反射するのでおすすめです。ぜひ、今年の夏はロールスクリーンやブラインドをつけて、涼しいおうちで快適に過ごしましょう。

written by rinao


facebook icon Instagram icon

【ニチベイPR】商品の詳細はムービーをクリック!