ホーム>夏の暑さはブラインド・スクリーンで解決!

夏の暑さはブラインド・スクリーンで解決!

だんだんと暑くなり、冷房を入れているご家庭も多いのではないでしょうか?部屋は涼しくなりますが、電気代が気になりますよね。室内の温度を快適に保ちつつ、省エネ性を高めるには「窓辺の暑さ対策」が効果的と言われています。
そこで、今回は夏の暑さ対策にオススメのブラインドやスクリーンをご紹介。窓辺の環境を整えて暑い夏を快適に乗り切りましょう♪

なぜ部屋が暑くなってしまうのか

室温を上げる原因は、ずばり日射熱。家の壁や屋根、換気口など色々なところから侵入します。中でも多く入ってくるところは窓。なんと73%もの日射熱を取り込んでしまいます。窓辺に何の対策もしてないと冷房が効きづらく、電気代も上がる一方……。
よって、夏の暑さ対策はいかに窓からの日射熱を室内に入れないようにするかがポイントです。

夏の暑さ対策にオススメのブラインド

最近、省エネ性能の高いブラインドやスクリーンのラインアップが充実しています。見た目も機能もそれぞれ異なるので、ライフスタイルやインテリアに合わせて選ぶといいでしょう。
ここからは、特に遮熱性が高い商品をご紹介します。冷房の効きがイマイチな方、電気代が気になる方はぜひチェックしてみてください。

type-01ロールスクリーン

夏になると遮熱カーテンのCMなどよく見かけますよね。ロールスクリーンも遮熱生地をたくさん取り揃えています。麻調のものや織りにこだわったデザイン性の高いもの、外の様子が見えるくらい透け感のあるものなどバリエーションも豊富です。

そもそも、どうして遮熱ができるのでしょうか?それは、特殊な金属酸化物が含まれた繊維を練り込んだ糸を使用しているから。その糸が太陽の熱を反射するため、夏の暑い日差しを遮ることができます。その他にも、ガラス繊維で織られた生地に遮熱性能の高いフィルムをコーティングしたものなど、さまざまな技術を用いて生地開発がされているそう。

  • 中でも省エネ効果が高いのは、ガラス繊維で織られた生地の裏面にアルミ蒸着加工がされた生地。なんと年間で42%も節電できるそう。キラキラと輝いているアルミ面で日射熱を多く反射するため、室内に取り込む量を減らせます。

    メッシュ構造なので、眺望性もバッチリ。さらに、アルミ面が光を乱反射することにより、昼間は外から室内が見えにくくなる効果もありますよ。
    ※ロールスクリーンなしとの比較
  • 裏面にアルミ蒸着している生地

遮熱生地:カタログ掲載ページはこちら

type-02ハニカムスクリーン

冬の断熱に効果があるハニカムスクリーン。実は夏の暑さ対策にも、とても有効なんです。高性能のヒミツは、横から見ると蜂の巣のような形が縦につらなった立体構造の生地。蜂の巣状の空気層が断熱材の役割をし、外の暑い空気を中に入れないように、また室内の涼しい空気を外に逃さないようにします。

  • ハニカムスクリーンの断面
  • もっと遮熱性を高めたい方には、左右をフレームで囲み、上下には断熱シールドを備えたタイプもありますよ。
  • ハニカムスクリーンは横から見ると、蜂の巣のような形が縦に連なっている立体生地です。蜂の巣状の空気層が断熱材の役割をしているので、外の暑い空気を中に入れるのを防ぎ、また室内の涼しい空気が外に逃げるのも防ぐことで、室内を快適な温度で保つことができます。夏でも冬でも1年中部屋の温度を快適に保てる万能スクリーンです。
  • ハニカムスクリーンの断面

type-03アルミブラインド

アルミブラインドは暑そうなイメージがある方もいらっしゃるのでは?ブラインドでもしっかり遮熱ができるものがあります。それは遮熱スラット。スラット(ブラインドのはね)に特殊な遮熱塗料を塗布しているため、日差しを多く反射できるんです。昇降コード穴のないタイプを選べば、より省エネ効果がアップします。
また、スラットの色選びも重要です。白などの淡い色の方が日射熱を多く反射するため、省エネ性能が高くなりますよ。

  • より高い効果を求めている方には、外窓と内窓の間に取りつける「内窓タイプ」が最適です。
    外窓と内窓の間の空気層に遮熱ブラインドの日差しをカットする性能が加わることで、より高い省エネ効果が得られます。夏はなんと日射熱を84%もカットできるんだとか。断熱性も高く、通年を通して省エネ効果を発揮します。
    ※カラーによって数値が異なります。
  • 外窓と内窓の間に遮熱ブラインドを取りつける「内窓タイプ」

type-04外付けロールスクリーン

夏の暑さ対策として、手軽にできるよしずやすだれ。ですが、家の雰囲気と全然合わない……なんてことも。そういった場所には外付けロールスクリーンがオススメです。室外で日差しを遮るので、効果的に日射熱を遮断します。
透け感がある生地なので、お部屋の中の明るさも保ちながら、外の景色を楽しめますよ。

取付け方はとてもかんたん。壁に穴開け不要で、サッシ枠に取り付けられるタイプなら30分くらいで設置できます。また、自治体によっては補助金が出るところもあるそう。購入前にお住まいの自治体に問い合わせてみてくださいね。

まとめ

窓辺の環境を整えることで、驚くほど涼しくなりますよ。
今年の夏は遮熱ロールスクリーンや遮熱ブラインドをつけて、快適なおうち時間を過ごしてくださいね。

written by rinao

2021.7.9 更新


facebook icon Instagram icon